一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
|黒毛和種|褐毛和種無角和種日本短角種ホルスタイン種交雑種


黒毛和種 < 肉用牛の種類 < 肉用牛豆知識 < トップページ

肉用牛の種類

黒毛和種
 

  ここでは日本で作られた肉専用種についてのみ示した。このほかに日本の肉専用種を改善するため、あるいは肥育するために輸入された肉専用種があるが、これらは「外国肉専用種」として別に紹介している。

  日本の肉専用種としては最も多く各地で飼育されている品種である。毛色は褐色がかった黒色であり、肉質、ことに脂肪交雑は世界最高で、貴重な遺伝資源として外国からも注目されている。明治時代に在来の和牛と多くの外国種が交配されてできた雑種を日本の農耕と肉利用に適した牛に整理・改良した役肉兼用種であった。交配された外国種はブラウンスイス種、デボン種、エアシャー種、シンメンタール種等である。農耕に使うことを考えて概して小格にしてきたため体重の増加が遅いと言われてきたが、昭和37年から肉専用種として改良を続けた結果、現在は外国種に勝るとも劣らない増体能力を持っている。
 

  体重(s) 体高(p) 胸囲(p) かん幅(p)
繁殖雌牛 465 130 185 47
去勢肥育牛 肥育開始時:9.5月齢  290s
肥育終了時:30.0月齢  695s
1日平均増体重  0.65s
(家畜改良増殖目標(17年3月)から)
黒毛和種 種雄牛

黒毛和種 繁殖雌牛

(写真提供:一般社団法人全国和牛登録協会)

写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。