一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
|ホルスタイン種|ジャージー種ブラウンスイス種ガンジー種エアシャー種


ホルスタイン種 < 乳用牛の種類 < 肉用牛豆知識 < トップページ

乳用牛の種類

ホルスタイン種
 

  オランダ北部からドイツ西北部に飼養されていた最も古い品種。品種として成立したのがオランダのフリースランドであることから、正式にはホルスタイン・フリーシアン種と呼ばれているが、日本では省略してホルスタイン種と呼ばれる。毛色は黒と白の斑紋であるが、体格と肉質の向上を図る目的でショートホーン種を交配した影響が残る赤白斑も稀に現れる。体格や体型上の特徴は各国でさまざまで、ヨーロッパ地方で飼われている牛は大体中型で乳肉兼用種としての特徴を示しているが、北アメリカ大陸に入り、米国やカナダで乳専用種として改良されたものは、大型で乳用種の特徴であるくさび型の体型をしている。日本で飼われているホルスタインもこの系列に入る。
  泌乳能力に特徴があり、乳量が多く乳脂肪率が低いことである。最近重要視されている搾乳性の点でも搾乳速度が速く、乳用種として優れた品種である。
 

ホルスタイン種
種雄牛

ホルスタイン種
繁殖雌牛

(写真提供:家畜改良センター 奥羽牧場)

写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。