一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
ホルスタイン種ジャージー種ブラウンスイス種|ガンジー種|エアシャー種


ガンジー種 < 乳用牛の種類 < 肉用牛豆知識 < トップページ

乳用牛の種類

ガンジー種
 

  イギリス海峡諸島にあるガンジー島原産の乳用種。起源はジャージー種と同じく、フランスのブルトン種やノルマン種を基礎に改良された品種であるが、ジャージー種がブルトン種の影響が強いのに対して、ガンジー種はノルマン種の影響を強く受けている。毛色は淡褐白斑または赤褐白斑に赤白地に出入りが複雑な白色斑がある。また、環境に対する適応性も非常に優れ、乳量・乳質はジャージー種と変わらず、黄色味が強く、風味がよい乳質が美点。乳脂肪分は一般的な乳牛よりも高く、1頭あたりの搾乳量が約半分と少ないのが特徴である。日本における飼養頭数は、稀少である。
 

ガンジー種 搾乳牛

ガンジー種 哺乳子牛


写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。