一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
サイトマップ関係事業 協会の概要 ごあいさつ
肉用牛豆知識
トップページへ
肉用牛の歴史 肉用牛の種類 日本の肉用牛の祖先 外国肉専用種 乳用牛の種類
|アバディーンアンガス種|ヘレフォード種シャロレー種マリーグレー種


アバディーンアンガス種 < 外国肉専用種 < 肉用牛豆知識 < トップページ

外国肉専用種 (昭和40年代を中心に輸入)

アバディーンアンガス種
 

  年間32〜208頭、合計1,800頭余りが種牛として輸入され、北海道、青森県、岩手県、長野県、熊本県に導入された。このほか雑種が主にオーストラリアから無税子牛として輸入された。純粋種は昭和49年〜50年には2,700頭前後が飼育された。
 

アバディーンアンガス種 雄牛

アバディーンアンガス種 雌牛

(写真提供:家畜改良センター 十勝牧場)

写真館(他の写真)はこちらから >>

このページの最上部


一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会
交通アクセスお問い合わせへ

〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町3-27 剛堂会館5F
TEL:03-3234-3100 FAX:03-3288-0443 E-Mail:全部半角小文字で、SOUMU アットマークnbafa.or.jp
※迷惑メール防止のため、メールアドレスの一部を画像化しています。

このサイトの著作権は一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会に帰属します。