トップページ >>    「国産若牛」って?
TOP PAGE
Page|1234|5|
「国産若牛」って?
ブランド名「国産若牛」及びロゴマークの使用について

   一般社団法人全国肉用牛振興基金協会では、独立行政法人農畜産業振興機構の補助を受けて実施した「国産牛肉市場開拓緊急対策事業」において、国産乳用種牛肉の評価向上のためのナショナルブランドとして「国産若牛」及びそのロゴマークを策定し、平成18年に商標登録を行いご利用して頂いてきたところです。
  この度、商標登録の有効期間10年を迎え、平成28年6月には期間満了となりました。諸般の状況を鑑みたとき、引き続き「国産若牛」の表示・活用を行うことは重要であると考え、商標登録の更新申請を行い、受理されました。平成38年6月2日までの今後10年間は、引き続き国産若牛のロゴマークを利用できることになりましたので、国産乳用種牛肉の販売促進活動等に積極的にご活用ください。
  なお、ご利用に際しては、当協会で商標登録を行っておりますので、当協会の使用許諾要領に基づき使用許諾申込書により承認を受けてください。 。



  1. 「国産若牛」の定義
    (ア)  日本国内で生まれ、日本国内で育った国産の牛です。
      ※  外国で生まれた牛や外国で飼養・肥育された牛には使えません。
    (イ)  品種はホルスタイン種やジャージー種などの「乳用種」です。
      ※  肉専用種牛や交雑種牛には使えません。
    (ウ)  と畜時の月齢は概ね「24ヵ月齢以内」の肥育向けに育てられた牛です。
      ※  経産牛や廃用牛には使えません。

  2. 国産若牛のロゴマークの規格
    詳しくは、「国産若牛」のロゴマーク使用マニュアルをご参照ください。
    ダウンロードはこちらから>>(PDFファイル 567KB)

  3. ブランド名「国産若牛」及びロゴマーク使用許諾要領
    ダウンロードはこちらから>>(PDFファイル 93KB)

    連絡先:(一社)全国肉用牛振興基金協会  TEL:03-3288-0441

Adobe Systems社のホームページへ *マニュアルおよび使用許諾要領はPDFファイルで保存されています。
PDFファイルを御覧いただくには、Adobe Systems社の「Adobe Reader」というソフトが必要です。お持ちでないかたは左のアイコンをクリックしてAdobe Systems社のホームページからダウンロードしてから御覧ください(ダウンロードは無料です)。

前へ Page4
Page5  

Copyright(c)一般社団法人 全国肉用牛振興基金協会